猫のシャンプー♪(=^・^=)

先日ペット協会が定期的に行ってくれる講習会を受講してきました。

テーマは猫の繁殖と疾病の予防管理です。

疾病の予防管理では子猫がかかりやすい皮膚真菌症・カリシウイルス感染症とコロナウイルス感染症を中心にお話を聞いてきました。

その中で真菌の予防・治療についてシャンプーの重要性をお話しされていました。

我が家で真菌予防・治療に使っているのは上記のマラセブシャンプー。

成分には真菌症治療に有効なミコナゾールや クロルヘキシジンが主な成分で、動物医薬品です。

マラセブシャンプーの場合は主に治療に用いると考えた方が良いのかもしれません?

というのもシャンプーの重要性を考えるにあたって大切なのは皮膚の状態を整える事で、真菌症治療に有効なミコナゾールや クロルヘキシジンは皮膚にとっては害のある成分と考えた方が無難なのかもしれません。

下記画像は動物医薬部外品のノルバサンシャンプーです。

こちらもクロルヘキシジンが含まれているので真菌症にも有効ですが、低刺激でコンディショナーも入っているので皮膚に優しい抗真菌シャンプーと言えそうです♪また、動物医薬部外品なので手軽に購入できるのも魅力の一つと言えますね。

上記のシャンプーは真菌予防・治療を考えての選択で真菌の心配がなければ低刺激+保湿を重点において、選ぶとよいようです。そして水温は冷たくないくらいのぬるま湯で皮膚を優しくマッサージ知る程度に洗えばよいとの事でした。ゴシゴシ洗って皮膚に刺激を与えるのは良くないようですよ。

カリシウイルスとコロナウイルスの件については少し専門的なので、今回は皮膚病予防とシャンプーの事をブログにしました。

我が家からお譲りする子は最低でも1回以上シャンプーしてからお譲りしています。お引き渡し後も適度にシャンプーしてあげる事で皮膚の状態を整える事をお勧めします。


新着記事
月別アーカイブ